トランペットで高音が出ない場合は

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
トランペットをやっているのに、なかなか上達せず、高音も出しにくい…という場合の対処法(練習法)です。

STEP1①顎の構造、歯並び

外国人の方が、下の顎が前に出ていて、
上下の歯が揃ってる傾向があるようです。

日本人は下の歯が少し引っ込んでる人が多いですよね。

これを修正するには、
1、下の顎を前に出して、条件を同じにする。
2、下の歯が引っ込んだ状態で丁度いいように楽器のポジションを変える。

という対策があります。

やや下向きにトランペットを構えたほうが、
音が出やすくなることがあります。

STEP2②腹式呼吸

なんでもそうですが、
トランペットも沢山の呼気を必要とするため、
腹式呼吸にする必要があります。

これに加え、高音を出すときに喉を絞らないようにすることが必要です。
むしろ、広げるような感覚(実際に広げる)が必要です。

STEP3③他の楽器も吹いてみる

トランペットは、顎や歯並び、口や唇の形などが、
かなり上達の程度に影響します。

あまりあわない場合、なかなか上達できない場合もあります。
もちろん、自分がやりたい楽器をやったほうがよいでしょうが、
ためしに違う楽器を吹いてみるのも手です。
自分にしっくりくる楽器を見つけられるかもしれません。

まとめ

無理をしすぎないように、自分のペースを掴んで練習しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ