家にあるもので出来る雲の作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7699
  • ありがとう数:0

はじめに

家にあるもので出来る雲の作り方(自由研究)
夏休みの自由研究で、雲の出来方や種類などについて調べたいのですが、家にあるもので出来る雲の作り方ってありますか?

という方に伝授します。

STEP1雲はどうしてできるのか?

1)湿った暖められた空気が上昇する。
2)上空の気圧が低いので、上昇した空気が膨張する。
3)膨張することで、空気の温度が下がる。
4)空気の温度が下がることで、飽和水蒸気量が減り、水蒸気を含むことができなくなる。(露点を下回る)
5)空気に含まれていた水蒸気が、液体の水(水滴)になる。(これが雲)
という順序になります。

STEP21)湿ったあたたかい空気を用意する。

2)空気を膨張させる(体積を増やす)。
という手順で雲を作ることができます。
空気を膨張させるのは大変なのですが、いったん圧縮してから元に戻すことでも、戻したときに「膨張した」ということになります。
さて、材料ですが、身近なモノではペットボトルを容器にするのがよいでしょう。あとは、いろいろ考えてみてください。
また、雲ができやすくなるように、水滴がくっつく芯になるものがあるとよいですね。竹串に火をつけて、線香のように先が赤く燃えている状態(炎はない状態)のものを、ペットボトルに5~10秒入れるといいでしょう。
最後に、#2の方の方法でできるのは、雲ではなく「霧」です。霧も雲も似たようなものですが、雲は空気が膨張することで冷え、水滴が出てくるものです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ