停電の前後に注意すること 計画停電

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1490
  • ありがとう数:0

はじめに

停電に備えましょう。

STEP1

停電になる前には、念のために電化製品のコンセントをぬきましょう。

STEP2

通常の家電製品は通常の停電は問題が生じることがないように設計されていますが、パソコンなどはハードディスクをいためてデータが消失するといった可能性があります。

STEP3

コンセントを抜かずに、モーターを使った製品などが停電復旧後に一斉に稼働すると、ヒューズやブレーカーが飛んだり、ほかの製品に影響が出る場合があります。

STEP4

オール電化の場合は給湯などもできなくなります。また集合住宅などで水のくみあげを電力で行っている場合もあります。確認の上で必要な量の水を水筒や浴槽などに準備しておきましょう。

STEP5

冷蔵庫は数時間程度は保冷効果を維持しますが、冷凍庫にある保冷材や、水を袋で凍らせたものを冷蔵室に移すだけでも保冷効果が高まります。特に保存しなければいけないものはこれらのもので包んでおきましょう。

STEP6

携帯電話などは十分に充電し、ラジオなど電池で稼働する情報端末を用意しましょう。また夜間や未明の場合は懐中電灯などもご用意ください。

STEP7

対象地域によっては学校や会社などへの移動手段に影響が出る方もいらっしゃいます。早めに所属組織への確認をとっておきましょう。

STEP8

食事の時間に重なることもあります。ご飯は事前に用意しておきましょう。しかし、温め直す際にカセットコンロ、ガスコンロなどを使用する場合は、換気扇も使えませんのでご注意ください。

STEP9

エレベーターに閉じ込められる可能性が高くなるので、避けましょう。

STEP10<停電中>

停電したらブレイカーをおとしておく

STEP11<停電中>

冷蔵庫の開閉はなるべくしない

STEP12<停電中>

信号機が作動しなくなっても慌てない

STEP13<停電中>

夕方から夜間の外出は控える

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ