大地震のために意味のある献血を

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

大地震でなにかしたいと献血に殺到している人が多数。 しかし、2時間以上待ち…。どうすれば本当に困っている人のためになる献血ができるのでしょうか。

STEP1

現在週末はとくに、何か支援できないかと献血センターがものすごく混みあっています。
献血ルームからも
「同じ日に協力していただいた血液は同じ日に有効期限を迎えてしまいます。どうか平日の血小板献血にご協力をお願いします」と言っています。

STEP2

献血には3種類あり、赤血球21日、血小板4日、血漿は冷結保存で1年の保存期間になります。
なぜ血小板かというと、成分献血は通常の献血とは違い、血液を抜き取るのに時間がかかり、献血する方もできればはやく終わらせたいということから、あまり選ばれません。
また、保存期間が短く、血小板は出血をとめるときにつかう血液の成分でこういう災害時は一番不足します。

STEP3400ml献血をすると当分の間、献血が行えません。

それよりも200mlを継続して行うほうが、有効的だそうです。
意味のある献血を行いましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ