放射性物質の被ばくをできる限り防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

福島第一原発では、新たに20キロよりも遠くに避難する指示が出されました。被ばくしないための注意点です。現地のみなさん、どうかお気をつけて。

STEP1

まずは、放射性物質がどのくらい、どの範囲までもれているのか、現状がどういう状態なのかは確実にはわかっていない事を考え、現時点で避難指示が出ている20kmよりも遠い場所まえ避難しなければなりません。

STEP2

そして、避難した後も、放射性物質を浴びる危険を避けるため、できる限り屋内にとどまり、外出しないことが先決です。放射性物質とは、ヨウ素や希ガスといった気体のような状態ですので、目には見えないので、外が安全かどうかというのは自分では確認することはできません。

 

STEP3【室内での対処法】

外部から放射性物質が侵入するのを防ぐため窓は閉め切り、換気扇等も止めます。


 

STEP4【屋外にいる時の対処法】

屋外にいた場合、または避難途中で外にいる場合などは、一番いいのは防塵マスク、ない場合でも、マスクをしたりタオルやハンカチを水でぬらして口や鼻を覆い、放射性物質を吸い込むのをできる限り抑えます。
また、肌から被ばくするのを避けるため、露出をできるだけ避けるような服装をします。

STEP5

体の外側だけでなく、「内部被ばく」といって、呼吸や食べ物によって体内に放射性物質を取り込み被ばくしてしまうことも避けなければなりません。内部被ばくにより体内に放射性物質が蓄積されると、長期間にわたって放射線の影響を受けることになってしまいます。

 

まとめ

福島県のみなさんが無事でありますよう祈っています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集

ピックアップ

ページ先頭へ