「肥満遺伝子」を持っているかで、適切なダイエット方法がわかる!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:809
  • ありがとう数:0

はじめに

ほんまでっかTVで放送されていた、肥満遺伝子について紹介します。

STEP1[肥満遺伝子とは…]

肥満遺伝子は何種類かあります。
この肥満遺伝子を知ることで、タイプ別に分けられます。

太りやすい遺伝子を2種類、太りにくい遺伝子1種類を紹介します。

STEP2[1つめ]

1つめは、β3AR遺伝子(ベータサンエーアールいでんし)。

この遺伝子、3人に一人の割合で入っていて、特徴としては皮下脂肪よりも内臓脂肪が溜まりやすくなっています。

ダイエット方法は、自分でコントロールして糖分を控えること。

STEP3[2つめ]

2つめは、UCPI遺伝子(ユーシーピーアイいでんし)。

この遺伝子は、4人に一人の割合で入っていて、特徴としては脂肪細胞を燃焼させにくい性質を持っています。

ダイエット方法は、脂肪分を控えること。

STEP4[3つめ]

3つめは、β2AR遺伝子(ベータニエーアールいでんし)。

この遺伝子は、6人に一人の割合で入っていて、この人は、太らない人。
特徴としては太りにくいけれど、逆に筋肉が付きにくいタイプ。

ダイエット方法は、たんぱく質を摂ること。

この人は筋肉をつけていかないといけません。

STEP5[検査もできる]

この遺伝子検査、3万円ほどの費用で、口の粘膜から調べてくれるサービスもあります。
気になる人は、自分に上の遺伝子がないか調べてみるのもいいかもしれません。

STEP6

3/9、ほんまでっかTVで紹介されていた内容です。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ