目指せ高校合格!中学生の塾選びのポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

塾通いが当たり前の今の中学生。 中学校に入って急に勉強量が増え、「やっぱり塾に行かそう!」となる親も多いのでは。 情報量が多いだけに難しい塾選び。そのポイントをお教えします。

STEP1

子どもにあった塾を見つけるには、中1夏期講習からがおすすめ。
早い人は中学入学前の春期講習から始めますが、まずは中学校のリズムに慣れるのが大事。
部活がどうなるかかわらなく、生活リズムが決まらないなか塾通いが始まると子どもにはきついので、夏期講習から探すのが得策です。

STEP2夏期講習前には新聞チラシが目白押し。

チラシを集めると同時に、周りの人に周辺の塾の評判を聞いておきましょう。
数あるチラシから通学がしやすい2~3の塾にしぼり、問い合わせの電話をかけます。
最初の電話対応がよいところは、のちの対応も一貫して良いです。

短期講習だけ通うのも可能。「自分に合う、合わない」を判断し、納得してから通常クラスに移行します。講習受講後の本入学は入学金免除などの特典もあります。

STEP3ぜひ確認しておきたいのが、定期試験対策の有無。

有名校合格者数トップクラスの塾で、定期試験前に試験対策授業をしてくれない塾があります。
底力がある子は気にしなくてもよいのですが、「試験勉強+塾の勉強」の負荷に耐えられなくやめる子もいます。最初にこれは、確認しておきましょう。
内申書アップは高校受験には必須です。

中1、遅くても中2の夏までに入塾しないとなかなか特進クラスに入れません。
特進クラスは進度が速く、途中からでは付いていきにくいためです。
もし、トップ校を目指すなら中1のうちに塾通いを始めましょう。

まとめ

☆中1の夏期講習から始めよう。 ☆定期試験対策をしてもらえるか、要確認。 ☆特進クラスは中2の後半からではなかなか入れてもらえない。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ