検診で父親が「隠れ脳梗塞」と診断されて驚いています。隠れ脳梗塞とは何でしょうか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:511
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
75歳の父親が、最近の脳ドックで「隠れ脳梗塞(こうそく)」と診断されました。どう対応すればいいのでしょうか。

STEP1

隠れ脳梗塞」とは、まだ症状にでてはないけれど、CTやMRI検査で見つかる脳梗塞のことを言います。

高齢者に多く、脳ドック受診者のうち、50歳代は約1割、60歳代は約2割、70歳代は約3割の方に見つかるというのですから、高齢者にとって、かなり高い確立といえます。

高血圧の人は、正常血圧の人に比べて約3倍「隠れ脳梗塞」になりやすいこともわかっていて、高血圧の対策も需要といえます。

STEP2

血圧の管理としては、生活習慣の改善や降圧薬の内服によって適正な血圧にすることがあげられます。

生活習慣の改善は、禁煙、節酒、塩分控えめの食事、肥満の改善、有酸素運動などが有効です。

異変が起きてからでは間に合いません。常日頃の健康管理で、脳梗塞で半身麻痺などという悲劇を防ぎましょう。

後になって後悔しても間に合いません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ