美味しいアボカドの見分け方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3562
  • ありがとう数:0

はじめに

美味しいアボカドの見分け方を伝授

STEP1

アボカドの食べ頃は、表面が緑色から黒になり、軽く押して少し柔らかい状態のもの。柔らかすぎる(深くへこんだり、中に空気が入っている)ものは、熟れ過ぎていて中も変色しています。逆に硬く緑色のものは青臭いです。(でもてんぷら等にすれば臭みも取れて柔らかくなります。)

STEP2

購入する時は、まだ少し硬いもの(少し緑色のもの)の方がよいです。(ちょうどいい塩梅のものは、スーパーでは、なかなかありませんよね。逆に熟れる前のものでしたら、自分で調節できますから)

STEP3

常温で数日おけばちょうどいい塩梅になります。(熟れるのを遅くしたい場合は、冷蔵庫に入れます。)ただ、当日食べたい場合は、ちょうどいいものを探すしかありません。

STEP4

選ぶ時は、できれば、形がきれいで表面の凹凸が少ないものの方が良いです。それから、1回で1コ食べきれない場合は、種をつけておいて、果肉にレモン汁を少し塗っておけば変色が防げます。2~3日ぐらいは、冷蔵庫で保存できます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ