スーツの日常メンテナンス

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

サラリーマンのマストアイテム、
「スーツ」。
スーツを良い状態に保つ為には
日頃のメンテは欠かせません。

STEP1

 仕事用のスーツは、着るたびにクリーニングに出すことはなく、
平均して1シーズンに1~2回くらいです。目立つシミや汚れがついて
しまったら出す必要がありますが、頻繁にクリーニングをしすぎても
素材にダメージを与え、スーツの寿命を縮めることになります。
そのため、毎日のメンテナンスの有無がスーツの状態を保つ上で
大きく左右されます。

STEP2

 スーツは一日の外出で、かなりのほこりや汚れがついているはずです。
そのままにしておけば、虫食いやシミの原因になるばかりです。脱いだら
ハンガーにかけ、上から下へと付着物を落とすようにブラッシングをしま
しょう。ブラシはコシの強い豚毛のものがオススメです。

STEP3

 そのとき、ハンガーは厚みのあるものを使います。針金ハンガーでは
肩の部分が型崩れしてしまいます。また、ズボンも、クリップで裾を
はさんで、逆さに吊るすタイプのハンガーがよいでしょう。ズボン自身
の重みでひざ部分の型崩れを修復します。

STEP4

 しわが目立ってしまった場合は、スチームアイロンで応急処置をします。
ハンガーにかけた状態で蒸気を当てれば、ほとんどは元に戻ります。スチー
ムをかけた後は、十分湿気をとってからしまうのをお忘れなく。そのまま
クローゼットに入れてしまうとカビの原因となります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ