レバー嫌いな人でも食べやすくする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:808
  • ありがとう数:0

はじめに

独特の味がするレバー。苦手な人も多い食材ですが実は栄養素の宝庫なんですよ!まずは有名な鉄分。鉄分の吸収率を高めるレアメタルの銅も含まれているので貧血によくききます。ビタミンAの前躯体であるレチノールにも注目です。あと、妊娠中にいいとされる葉酸をはじめビタミンB群は女性の敏感な体調を維持するのに役に立ってくれるはずですね。レバーと赤ワインが結構合います。

STEP1水を準備

まず大き目のボールに水をたっぷり入れ、そこにレバーを入れます。

STEP2レバーを洗う

レバーを水の中で軽く揉みほぐすような感覚で洗います。 水がどんどん血で濁ってきますので、新しい水に入れ替えます。
これを繰り返し、水が血で濁らなくなったら、レバーを水から引き上げます。

STEP3レバーを切る

次に、このレバーを一口大に切ります。 そして再びボールに入れ、水をたっぷり入れて、全体をゆするように洗います。
水が濁らなくなったら「血抜き」作業は完了です。血と共に臭みも抜けています。
この血抜きには微生物の繁殖を抑える効果があるそうです。
血抜き作業が終了した後、レバーを10分間位冷たい牛乳に浸したりすると、更に臭みは抜けます。

STEP4血抜き・臭み抜き

最後に「水気」をふき取ったら、レバーの血抜き、臭み抜きは完了です。ここから焼くなり揚げるなり、お好みの料理を作って下さい。生まれて初めての臭みのないレバーとの遭遇です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ