「シルエット」という言葉はケチから生まれた!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:264
  • ありがとう数:0

はじめに

「シルエット」という言葉は18世紀のフランス、ルイ15世の時代に財務長官を務めた人物の名に由来するのですが、なぜこの大臣の名が使われることになったのでしょうか。

STEP1

当時、フランスはオーストリアなどと戦争をしており、国の財政は困窮を極めていました。それを救うために登用されたのが“エティエンヌ・ド・シルエット”。

彼は経済立て直しのために、超がつくほど徹底的な倹約政策を実施しました。
言いがかりとしか思えないような仕方で市民に税金を課したそうです。「人の吸う息にまで税金をかける」と陰口をたたかれるようになりました。

STEP2

そんなある日、大臣の恒例にしたがい、シルエットも肖像画を描かせることになりました。ところが、彼は「肖像画を描かせるなんて費用がもったいない。影だけで十分だ。」といい、輪郭を黒い絵の具で塗りつぶした肖像画で済ませてしまったのです。

このエピソードから、被写体が黒く塗りつぶされた絵画や写真を、ケチや安上がりといった意味を込めて「シルエット」と呼ぶようになったのです。
彼はもともと切り絵が趣味で、晩年には自分の城を作り、その中を自作のコレクションで埋め尽くしたといいます。この切り絵の趣味が大胆な発想につながったのではないでしょうか。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ