使い切っていないスプレー缶の捨て方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8645
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
使い切っていないスプレー缶を捨てるには、以下の方法をとりましょう。

STEP1①ガスを出し切る

まず、ガスを出し切ってしまいましょう。

やり方としては、
逆さにひっくり返して、
噴射するとよいです。

これで、内容物がでず、ガスだけを出すことができます。

ガスは可燃性ですので、
火の気のないところで、充分に換気しながら行いましょう。

STEP2②ビニール袋をつける

①の方法に加え、次の方法をとれば、より便利です。

スプレー缶の噴射口を下に向けて噴射させると中身は出ずにLPガスだけが出てしまいますので、少し大きめなポリ袋に小さめな穴を幾つか空けてスプレー缶のアクチやスパウト(押す部分)を取ってしまい(引っ張ると取れます)ポリ袋に入れてポリ袋の口を輪ゴムなどで塞いでください。
そして、ベランダや屋外などの「火の気がない風通しの良い場所」で噴射口のバルブ(管)を真下にしてスプレー缶を押してください。
「シュー」と言うガスが抜ける音がしてポリ袋が少し膨らみますが、ポリ袋に空けた穴からガスが抜けて直ぐにガスがなくなります。

これで、中身が出てしまっても、
まわりが汚れないので便利です。

STEP3③穴をあける

ガスを十分に抜いた後、
穴をあけましょう。

市販の穴開けなどが便利です。
百円ショップにもうっていますので、
探してみてください。

まとめ

ガスを抜いておかないと、穴をあけたところから噴き出しますので、注意してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ビニール袋 穴あけ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ