妊娠初期後期のHについて

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3289
  • ありがとう数:0

はじめに

妊娠初期のHについてご紹介します。

STEP1

妊娠初期にセックスをしたからといって、流産や赤ちゃんに重大なトラブルが起こることはありません。
しかし、出血がある、痛みが出るなどの症状が起きたらやめましょう。
また、妊娠中は腟の粘膜が敏感なので、セックスは「ムリのない体位でソフトに」おこないましょう。
さらに、感染症を防ぐためにもコンドームは必須です。
清潔を心がけましょう。

STEP2医師からの指示がない限りは妊娠後期もセックスは大丈夫です。

セックスをしたからといって直接破水の原因になることはありません。
しかし、激しくしない、負担にならない体位を選びましょう。
出血、おなかの張りなどがあればすぐに中止しましょう。

STEP3

出産してから3~4週間後には、赤ちゃんが通って出てきた産道や腟、会陰の傷などは、ほぼ全治し、子宮も元の大きさに戻ります。
こうなると基本的にセックスを再開しても問題ありませんが、念のためセックスを再開するのは、産後の1カ月健診で経過に問題がないと診断されてからにしましょう。
また、帝王切開で出産した人の場合は、産道や腟は傷ついてはいませんが、自然分娩と同様、産後1カ月健診を受けたうえでセックスを再開しましょう。
心配な人は医師に相談してみましょう。
出産後すぐに排卵がすでにある人もいますので、すぐに次の子を望んでいないのであれば、必ず避妊をするようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ