家庭でできる梅干の漬け方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:390
  • ありがとう数:0

はじめに

市販の梅干だと添加物が入っていたりしますが、家庭で作ればそんな心配もありません!
自分好みの梅干を漬けてみましょう。

STEP1

一晩、梅を水に浸けて、アクを抜く。(赤く完熟した梅は水洗いのみで可)
水を切る。

STEP2梅のへたを竹串で取り除く。

清潔な布巾で水気を拭き取る。

STEP3塩200gを梅と良く混ぜる。

熱湯消毒した容器に、梅と残り200gの塩を交互に漬けていく。

STEP4

落し蓋をし、3、4kgの重石をのせる。1、2日で水が上がるので、重石を半分に減らす。
(上がってきた水はまた使う)

STEP5

このまま10日以上冷暗所で漬け込む。

STEP6しその葉を水洗いし、よく水気を切る。

※水気が残っていると塩もみの時、アクが取れにくくなる

STEP7

しその葉に塩を50g振り、しんなりしたら強く揉んでアクを出す。
出たアクは捨てる。
もう一度、残りの塩を加えてよく揉み、きつく絞ってアクを捨てる。

STEP8

ステップ4で、上がってきた水100ccをかけ、赤く発色するまでほぐすように軽く揉む。
(残りの水は梅がかぶる程度まで残し、余ったものは熱湯消毒したビンに入れて保存すると、漬物や料理に使える)

STEP9揉んだしそを梅に平らにして隙間なくのせ、赤い汁を加える。

重石は梅に汁がかぶるくらいの軽いものにし、保存する。(上がってきた汁を赤梅酢という)

STEP10晴天が続く日に、3日間梅を干す。

日中に一度梅を裏返し、夜は赤梅酢のある容器に戻すこと。。

STEP11

最後の日に梅を取り入れ、梅が冷めたら洗って消毒した容器に入れて保存。
※この時、梅に酒を振りかけておくとカビ防止
※しそは梅と同じ容器で保存すると梅が黒ずむので分けること

まとめ

ステップ3で梅を容器に漬ける際、塩にホワイトリカーを少し混ぜておくと塩が容器の下に落ちていかない。また、殺菌作用もある。

関連するタグ

必要なもの

完熟梅 2kg 塩 400g しその葉 600g しその葉用塩 100g ボウル 保存用容器 重石(3~4kg程のものを使用) ざる 竹串

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ