崖っぷちに立った競技馬と青年の再起を賭けた二人三脚「雪に願うこと」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:403
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
崖っぷちに立った競技馬と青年の再起を賭けた二人三脚「雪に願うこと」

会社を倒産させてしまった青年が故郷の北海道に
戻り、ばんえい競馬の厩舎で働くうちに新しい
一歩を踏み出す足がかりをつかんでいく物語、
「雪に願うこと」を見てみませんか?

STEP1

帯広のばんえい競馬場に、真冬だというのにスーツに薄手のコートという出で立ちの青年が現れます。彼の名は、矢崎学(伊勢谷友介)。常連客に馬券の買い方を教わりながら、彼はその日最後のレースで「ウンリュウ」という名の馬に持ち金全部を賭けました。ウンリュウは、負ければ馬肉にされる瀬戸際のレースで意地を見せるはずだというのです。しかし期待を裏切られた学は一文無しとなり、町を彷徨った後、厩舎に辿り着きます。そこには、上京して以来捨てたつもりの家族が生活しているはずでした。

STEP2

学ぶの兄・威夫(佐藤浩市)はばんえい競馬の元騎手で、今は調教師として厩舎を経営していました。学より一回り年上の威夫は、学の大学の学費を負担し親代わりのように弟の面倒をみてきましたが、学はこれに感謝するでもなく長く連絡を取らずにいました。

成績優秀な学は、一流大学を卒業後、一流商社に就職、その後自ら貿易会社を興し都会で派手な暮しに浸りきっていました。結婚式のときには、厩舎を経営する兄だけは招待したもの
の、田舎臭い母のことを恥じて死んだと偽っていました。

STEP3

そんな家族の元へ13年ぶりに帰ってきたのは、会社が倒産したからでした。兄は突然現れた弟を訝しく思いながらも、厩務員見習いとして馬の世話をさせました。

厩務には「母さん」こと晴子さん(小泉今日子)や女性騎手の牧恵(吹石一恵)、幼なじみのテツヲらがいました。そして馬のウンリュウが学に興味を持ち、受け入れてくれるようになった頃、学の心も落ち着いてゆくのでした。崖っぷちに立たされたウンリュウの世話をしながら、学はもう一度レースに出して勝たせてやりたいと思うのでした…。

まとめ

監督は、根岸吉太郎。
2005年制作の邦画です。

必要なもの

雪に願うこと

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ