はじめてのバレエは何を観ればよいのか

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:655
  • ありがとう数:0

はじめに

まずはチャイコフスキーの三大バレエです。

DVDで古典バレエの傑作を観賞すれば、知らず知らずのうちにバレエの持つ魅力に取り付かれること請け合いです。

STEP1

最初の作品は、上演回数も群を抜いてに多く、DVDのリリースも数多い「白鳥の湖」です。
お薦めはパリ・オペラ座バレエ団(ブルメイステル版)です。主役の踊りが優れているばかりか、演奏も素晴らしいものです。衣裳を日本人が担当しているのが特徴です。

STEP2

次の作品は、ペローの童話で有名な「眠れる森の美女」です。長いバレエですが、おとぎ話の主人公たちの踊りが楽しく、大人も子どもも共に観賞できます。
お薦めは英国ロイヤル・バレエ団(ダウエル版)です。舞台装置の斬新さが目を惹きます。

STEP3

3作目は、クリスマス・シーズンには世界中で上演される「胡桃割り人形」です。作曲されたのも最後の作品だけあり、非の打ち所のないほど完成された音楽はあまりにも有名です。
お薦めはサンフランシスコ・バレエ団(トマソン版)です。原典に忠実な舞台は、観る者すべてをホフマンの幻想的な場面に引きずり込みます。

まとめ

DVDで楽しんだあと、機会があればぜひ実際の舞台を観に行ってください。その際、できれば専属オーケストラによる演奏の来日バレエ団公演が望ましいと思います。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ