福島県にハワイを作った人々の物語「フラガール」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
福島県にハワイを作った人々の物語「フラガール」 福島県いわき市に存在する、 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイ アンズ)の誕生を支えた人々の実話を描いた映画、 「フラガール」を見てみませんか?

STEP1

昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。早苗(徳永えり)は、親友の紀美子(蒼井優)に「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながら、ここから抜け出す最初で最後のチャンスだと誘っていました。

男たちは、数世代前から炭坑夫として、女たちも選炭婦として鉱山で働いてきました。しかし今や石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、閉山が相次いでいました。この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」だったのです。

STEP2

紀美子の母・千代(富司純子)も兄・洋二朗(豊川悦司)も、炭鉱で働いていました。父は、落盤事故で亡くなっていました。

千代は炭鉱を閉じてハワイを作る話に大反対していましたが、紀美子と早苗はフラダンサーの説明会に出かけました。二人の他に集まったのは、会社の庶務係で子持ちの初子、一際大柄な少女、小百合(山崎静代)だけでした。そんな中、町の娘たちにフラダンスを仕込むために、ハワイアンセンターの吉本部長は東京から平山まどか先生(松雪泰子)を招いていました。

STEP3

本場ハワイでフラダンスを習い、SKD(松竹歌劇団)で踊っていたダンサーだったまどかは、ど素人の娘たちに踊りを教える意欲など微塵もありませんでした。まどかは母親の借金を背負い、半ば自暴自棄になっていたのです。

しかし彼女は、紀美子たちの熱意に次第に心動かされ、ひたむきな娘たちと接するうちに、夢を持つ大切さを思い出します。ところが、世間の風当たりは依然強く、早苗は一家で北海道へ移住することになり、小百合の父親は小百合が遠征で留守をしている時に亡くなってしまいます。

そんな数々の困難を乗り越えて、いよいよ「常磐ハワイアンセンター」は初日を迎えました。フラガールたちは見事なダンスを披露して、大歓声を浴びるのでした。

まとめ

監督は、李相日。 2006年制作の邦画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

フラガール

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ