ビジネスがうまくいく「イエス・セット」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1057
  • ありがとう数:0

はじめに

話し方でも、好印象が与えられます。

STEP1[やり方]

相手が、はい、と答えられるような質問をするのがこの方法。
一種の催眠療法なのですが、「いいえ」と言うより「はい」と言ったほうが心地よいです。

なので、否定されない言葉を探して話します。

STEP2[例えば…]

私 :今回は○○を決定したいと思います。前回は、こんな話が進んでいましたよね。
相手:うん
私 :なので、それに従って、案を考えてきました。資料をご覧ください。
   前回はこの点が気になるとおっしゃっていたので、この点を改善してみました。
   確か、△△が気にいらなかったんですよね。
相手:そう。
私 :前回、こういった意見が出たので、こうしました。
   △△が気に入らないということだったので、除外したのですが良かったですか。
相手:うん

というように続けます。
「肯定」「肯定」「肯定」…と続くと、相手も心地よいので、話を確認することだけでもいいので「はい」と言わせるようにしましょう。

STEP3[悪い例]

私 :今回は○○を決定したいと思います。
私 :それに従って、案を考えてきました。資料をご覧ください。
   前回はこの点が気になるとおっしゃっていたので、この点を改善してみました。
   いかがですか?
(オープンクエスチョン:相手に答えをゆだねるので、反対意見も出る可能性がある。)

相手の「はい」をはさまず一方的に話しています。
また、相手に答えをゆだねてしまうので、そこで反対意見がでると、結論が出ない可能性があります。

STEP4[会話上手な人は]

会話上手な人は、逆説を挟まず、また、相手を肯定しながら自分の意見も伝えるテクニックを持っているもの。

経験にも寄りますが、相手に「はい」「はい」と言わせるイエスセットは、こちらも確認しながら話を進めることができ、相手にもうなづいてもらえるので、人間関係としても正しい方法だと思います。

普段、話すときに気をつけていなかった人は、一度、気をつけてみてはどうでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ