テロへの報復を終えても苦悩を抱える男たち「ミュンヘン」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:401
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
テロへの報復を終えても苦悩を抱える男たち「ミュンヘン」

ミュンヘン・オリンピックで実際に起きたテロ事件
をもとに、暗殺を命じられたイスラエルのメンバー
たちの苦悩を緊迫感溢れる映像で映し出した映画、
「ミュンヘン」を見てみませんか?

STEP1

1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナ・ゲリラ「黒い九月」により11人のイスラエル選手が殺害される事件が起こりました。

激怒したイスラエル機密情報機関モサドは、暗殺チームを編成して報復を企てます。リーダーに任命されたのは、愛国心あふれるアヴナー(エリック・バナ)。妊娠中の妻にも事情を
話せないまま、彼は命令に従うことを決めるのでした。

上官エフライム(ジェフリー・ラッシュ)の指示のもと、アヴナーはヨーロッパに渡ります。

STEP2

アヴナーは、車輌専門のスティーヴ(ダニエル・クレイグ)、後処理専門のカール(キアラン・ハインズ)、爆弾専門のロバート(マチュー・カソヴィッツ)、文書偽造専門のハンス(ハンス・ジシュラー)という4人のスペシャリストらと共に、アラブのテロリスト指導部11人を一人一人暗殺していきます。

2人の暗殺が終了した時点で、アヴナーは妻の出産に立ち会うため仲間に内緒で一時帰国しました。家族の危険を考え、妻にニューヨークへの移住を切り出すアヴナーでした。

やがてメンバー5人は、任務そのものへの疑問や不安を感じ始めるようになってきます。

STEP3

ある晩、ついにカールが女殺し屋に殺害される事件が起こりました。まもなくハンスも殺害され、いつの間にか狙う立場から狙われる立場になったアヴナーは、恐怖に怯えはじめます。

皮肉にも、チームを離れたロバートは自ら作った爆弾の誤爆により命を失ってしまいました。やがて標的を7人殺害した時点で、アヴナーは任務を解かれて妻子の待つニューヨークへ戻ります。しかし彼は、暗殺の記憶の苦しみや、誰かに追われる恐怖を抱えながら生きていかなければならないのでした。

まとめ

監督は、スティーヴン・スピルバーグ。
2005年制作のアメリカ映画です。

必要なもの

ミュンヘン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ