【雑学】お酒の知識 カクテルの名前の由来

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1288
  • ありがとう数:0

はじめに

カクテルという名称はどの経緯でいつ、どこで、どのようにして生まれたのか明確になってはいません。
メキシコ説であったり、アメリカであったり、フランスであったりと語源がいくつもありますが、国際バーテンダー協会協会で広められているいくつかの説をとってみてみましょう。

STEP1●木の名前説

メキシコのとある港町にて、イギリス人がその飲み方を見つける。
その飲み方は酒に何種類かの酒やシロップ類を混ぜて飲んでいたのだ。
その飲み方を少年に聞いたところ、少年は飲み物をかき混ぜていた木だと勘違いし、
「コック・テール」
と答えたそうです。

STEP2●鶏の尻尾説

アメリカ独立戦争中、ニューヨークのエムスフォードという町の酒場にて経営者のベティ・フラナガンが独立派の兵士たちに酒をふるまっていました。
ある日彼女は反独立派の地主の家に忍び込み、見事な尻尾を持つ雄鶏を盗み出してローストチキンにして兵士たちにふるまいました。
チキンをつまみに酒を飲んでいた兵士たちは混合された酒のビンに雄鶏の尻尾がさしてあるのをみつけ、そのチキンの正体を知って大喜び。
カクテル万歳!!と叫び、そのミックスされた酒を注文するときCocktail(カック・テール)と呼ばれ、この呼び名が広まったそうです。

まとめ

カクテルの語源は他にもいくつもあり、種類は様々あります。
どれか一つが正しいというのではなくほんの酒のつまみ程度に覚えておくといいでしょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ