帝王切開のお産の流れ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:884
  • ありがとう数:0

はじめに

帝王切開には、あらかじめ手術日が決められる「予定帝王切開」(以下、予定)と経膣分娩の途中になんらかのトラブルが起きて切り替わる「緊急帝王切開」(以下、緊急)があります。

いづれも産まれてくる赤ちゃんとママの安全のために行う分娩法であり、妊婦さんには誰でも起こりうる可能性はあるので、知っておくと安心です。

赤ちゃんと会える瞬間を思い浮かべて乗り切りましょう!

STEP1<1>医師から手術の説明を浮け、同意書を提出します

帝王切開をする理由についての説明です。家族のサインも必要です。

予定の場合は、準備をして当日に備えます。
前日の21時以降の飲食は控えることなど
事前に医師から指示があります。

STEP2<2>手術室へ移動します

緊急の場合は、ストレッチャーで手術室に運んでもらいます。
予定の場合は、歩いて手術室に入ります。

STEP3<3>血管確保など手術前の処置を行います

手術に備えて血管を確保するための点滴を開始します。
この後、採血や血圧測定、心電図の測定、導尿の処置を行います。
術後に下半身の静脈血の戻りが良くなるよう弾力性ストッキングを着用※
(※この処置の方法は産院によって異なる)

STEP4<4>消毒をして麻酔をします

お腹全体を消毒して麻酔をかけます。
切開位置にマーカーを入れます。

この時の麻酔は、腰椎麻酔や硬膜外麻酔が多いです。
背中を「く」の字に丸めた姿勢で麻酔液を注入します。

気分が悪くなることがあるので
その際には伝えましょう。

STEP5<5>切開を開始します

麻酔が効いたのを確認後、お腹を約10~15cmほど切開します。
赤ちゃんの頭が出るくらいの大きさです。

気になる縦に切るか横にきるかですが、産院の方針によります。
自分では希望できない場合がほとんどです。
予定の場合は事前説明ありますが、緊急の場合は縦切開になることが多いです。

STEP6<6>いよいよ赤ちゃんが誕生です

筋膜、腹膜に続いて子宮壁を切開して卵膜を破り、
赤ちゃんを取り出すと、へその緒をカットします。

何事もなければ、切開からここまで5分程度です。
腰椎麻酔や硬膜外麻酔で意識があれば、産声も聞けますよ!

STEP7<7>傷口を縫合します

子宮内の胎盤をはがして卵膜を取り除いたら、子宮壁・腹膜・筋膜・お腹の皮膚の順に一層ずつ縫合します。

皮膚は医療用のホッチキスで留めることもあります。

STEP8<8>入院室で休みます

術後は、出血の経過とともに血圧・脈拍に乱れがないかなどチェック。
様子を見て異常なければ入院室に移動します。

麻酔がきれて傷が痛む場合には、鎮痛剤を処方してもらいましょう。

まとめ

分娩の所要時間はほぼ1時間以内です。
前と後の処置を入れると2時間くらいでしょう。

産後5日目には傷跡もくっつき1ケ月検診には回復できるでしょう。
でも、くれぐれも無理はしないように。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ