ファー・フェイクファー小物のお手入れ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

リアルファー(本革)もフェイクファーもお手入れせずに使っていると毛先が束になって固まっていたりからまったり。 きちんとお手入れしている人と、だんだん差が出てきます。 同じなら「こぎれいなお姉さん」になりましょう。

STEP1リアルファーはブラッシングが基本

お手入れをしておけば買ったときの艶やかな毛並みがキープできます。
リアルファーの日ごろのお手入れはブラッシングが基本です。
リアルファーは振ってホコリを払った後、毛足に沿って軽くブラッシングします。

汚れをしっかり落としたいときは、まず毛足に逆らうようにブラッシングして汚れをかき出し、次に毛並みに沿って仕上げのブラッシングを。
あまり強くブラッシングすると傷みや脱毛のもとですのでムリせずやさしくやってあげましょう。

汚れが気になるとき、自宅で洗えるかについては判断が難しいのでクリーニング専門店に依頼した方が無難です。

STEP2

収納は、リアルファーが苦手とする「湿気」「高温」「紫外線」「他のものと擦れ合うこと」を避けてください。
具体的には、汗など湿気をしっかり乾かしてから収納することが大切です。
また、箱に入れてしまうよりはハンガーに(毛の流れが乱れないように)掛け、不織布などでカバーをするのがベター。
クローゼット等収納場所には除湿剤を入れておくようにしましょう。

STEP3

フェイクファーはリーズナブルなのにリアルファー風な風合いが楽しめてよいのですが、リアルファーよりも繊細なのが弱点です。
リアルファーのようにブラッシングをすると毛が抜けてしまいがちなので、ブラシ等は使わず手で持ってフリフリと振ったり軽くたたいて埃や汚れを落とします。

STEP4

汚れが気になるとき、毛足の短いものなら自宅で洗ってOKです。
洗濯絵表示を確認して「水洗いOK」マークがあれば自宅で洗ってみましょう。
毛足が15cm以上あるようなタイプは、洗うことで毛がちりちりになるなどトラブルがあることもあるので、自宅で洗わない方が無難です。

フェイクファーはアクリル製のものが多いようです。
洗い方は、ぬるま湯に中性洗剤(エマールやアクロンなど)を溶いてそこへ浸けおき、両端を手で持ってフリフリと振り洗いをし、タオルで包んで水気を吸いとり(擦らないように)、手で毛並みを整えてハンガーなどに掛けて陰干しします。
高温で傷むのでドライヤーはおすすめしません。

STEP5

乾いた時に毛が固まっているようであれば、手やタオルでやさしくほぐして整えます。
収納はハンガーにかけ、不織布などでカバーをしてクローゼットなどに保管します。
箱や引き出しで保管しておくと毛が寝て(倒れて)しまうこともあるので「掛けて収納」がオススメです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ