自分の運をあげるための魔法の言葉

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1344
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kanekaneto
世界の民族でもユダヤの方々は大きな成功を成し遂げている人が多いですね。
そのユダヤの人々の中でも成功者とうまく言ってない人がいます。
資産が多いグループ100人、うまくいってないグループ100人を調べて調査をしたユダヤ人の学者の報告です。それぞれの口癖をしらべると多いものが共通していました。「また」と「めずらしい」です。なぜ同じ言葉なのに、人生の質が違っているのでしょう。使い方に秘密があったようです。

STEP1うまくいったときに

「また」
を使う

例)また宝くじがあたった

STEP2うまくいかなかったときに

「めずらしい」

例)めずらしく宝くじがはずれた

STEP3

うまくいっていないグループの方々は逆の使い方、つまり、「また」をうまくいかなかったとき、「めずらしい」をうまくいったときに使っていたそうです。

まとめ

スポーツ選手のメンタルトレーニングでは、常に、その試合に勝つイメージをもって、行為や、「勝てる」という自信がわく、言葉を発し、”自己暗示”をおこなっているものです。

つまり、うまくいったときに「また」をつけると、「また」うまくいかせようという”自己暗示”になり、うまくいかなかったときの「めずらしい」はうまくいかなかったことをめずらしくしようという”自己暗示”になるというわけです。

これが反対だと、おわかりのように反対の”自己暗示”を与えてしまうことになるので、要注意です!

ちなみに、ある成功した経営者は、ゴルフでいくらの前にOB(うまくいってない状態)でも、良いショットを打てると「また、良いショットだ」と、息抜きでも、強気のメンタルを忘れないとか。

関連するタグ

必要なもの

「また」 「めずらしい」

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ