レザーブーツのお手入れ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

定番の皮革や合成皮革ブーツはお手入れ次第で型崩れや臭い、表面の傷み方がぜんぜん違ってきます。 くすんだブーツや人前で脱げない臭うブーツから卒業しましょう。

STEP1買ってすぐのメンテナンス

スムースレザーといわれる、いわゆる「普通の皮革製ブーツ」には本革と合成皮革(本革に似せて作った素材)があります。
靴のためにも、靴磨き作業をラクにするためにも、買ってすぐのメンテナンスが大切で、履く前に、皮革用の撥水スプレーを靴全体にかけてあげるのですが、こうすることにより水や油汚れ、傷がついたりホコリが吸着したりするのを防ぐことができます。
つまり、汚れにくく傷みにくい靴になるのです。

STEP2

普段のお手入れ普段のお手入れとしては、本革も合成皮革も、ブーツは脱いだらまずホコリを靴用ブラシで落としてしっかり乾燥させること。
脱いですぐ30分くらいは、ファスナーなどあれば開けて、靴裏にも風を通せるよう斜めに立てかけておくとベター。
ずっと開いたままでは型崩れしてしまいますから、しばらく置いたらファスナー等を締め、キーパーをセットして、除湿剤や脱臭剤を入れて収納します。
除湿剤には、重曹を布に包んで口を縛った手作りもおすすめです。
ハーブ入りにしてみても◎

STEP3

汚れやくすみが気になりだしたら基本はブラシでホコリを掃った後、皮革用クリーナーを布につけて汚れを拭きとり、栄養補給や艶出しのためのクリームを塗りこんで、仕上げに布で乾拭き(磨き上げ)をし、皮革用撥水スプレーで再びコーティングします。
使用する布は専用のものでもよいし、綿素材(下着やTシャツなど)の古布を切ったものがおすすめです。

皮革専用の洗剤も売られていますのでそれを使用して思い切ってジャブジャブと洗う方法も。
また、靴も扱っているクリーニング店がありますので大切なものなら相談してみてもよいでしょう。

思い切ったお手入れをするなら、水で薄めた衣類用洗剤を布につけて固くしぼり、ブーツの外側と内側を拭いて、さらに水ぶき(固く絞って)、からぶきをしてから、風通しのよいところでしっかり陰干しします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ