有害物質をとらないための調理法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

食品には生産過程や成長過程において使われる農薬や、ダイオキシンなどの有害物質が残っていることがあります。

有害物質の少ない食品を選ぶのが基本ですが、調理の下ごしらえで摂取を減らす工夫はできます。

体にやさしい調理法をチェック!

STEP1[野菜編]

農薬は表面や表皮のすぐ下などにたまりやすいので
そこを取り除き、よく洗い流すことがポイントです。

・キャベツやレタス等の外葉は捨てる
・流水でよく洗う
・ゆでて流水にとる
・塩で板ずりして洗う

STEP2[魚介編]

魚を購入する際には、漁獲水域をチェックする。
より近郊で水揚げされたものが安心です。
有害物質がたまりやすい頭やえら、はらわたは
除いた下ごしらえが無難です。

・はらわたを取り除く
・流水で腹をよく洗う
・皮に切り目を入れる
・貝類は一晩塩抜きする

STEP3[肉]

肉や魚はアク抜きすることで発がん性物質が減らせます。

・脂身・皮は除く
・アクを取り除く

まとめ

いつもしているような基本的な下ごしらえばかりです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ