人生の選択に迷わない方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3509
  • ありがとう数:0

はじめに

人生では知らず知らずに選択をしているもの。でも、今この進んでいる道って、本当に自分が選択した道だっけ?って不安になったりすることありませんか?
自分が自分の人生の主人であるためのちょっとした工夫をガイドします。
任意の自分が選んだ時間に、そのときに何を選択したいかを明確にするのに役に立つはずです。

STEP1まずは静かに心を落ち着けます。

物理的に静かな場所、緑が多い公園などが良いですが、そうでない場合は、目を閉じて、緑の多い公園でくつろいでいる自分を想像するだけでよいです。

STEP2あらためて、自分は何をしたいのかを考えます。

例)どこか海外に旅行にいきたい

STEP3

考えたことを自分自身に対して「はい」、「いいえ」のどちらけで答えられる質問に変えて、自己問答をすることで、やりたいことを明確にしていきます。

例)
悪い質問の例
 海外旅行ってどこだろう×
良い質問の例
 それはイタリアか?○

STEP4

その質問を5回繰り返せば、問題を回避あるいは解決しながら、自分のものだと自信をもてる人生の選択をすることができます。

例)良い例
それはイタリアか?

NO

それはフランスか?
Yes

旅費はあるか?

NO

お金を得るところは居酒屋のバイトか

Yes

今月はいけるか?

NO

来月はいけるか?
→Yes

居酒屋でバイトしてそのお金で来月フランスにいくぞー

注)このときになぜか?を深くとわず自分自身の人生のコンパスにしたがっているだけでよい

STEP5

「はい」、「いいえ」の選択のほうで迷ってしまったとき限定の対処方です。

碁石の白黒一つずつをポケットにいれ、(あらかじめ黒がでれば「はい」、白がでれば「いいえ」ときめておいて、)質問を自分自身に発すると同時に、碁石のどちらかひとつをポケットから選び出して、その後を決めるのもありです。コインなげの表裏でもよいでしょう。
いずれ、気持ち的にはどちらもありと思っているのだから、どちらかに方向を決める後おしを自分ですると考えてください。

まとめ

どうしてか?って考える前に具体的な事物をあてはめ、それが「はい」か「いいえ」かで答えられるものか?で質問を決めます。実際に「はい」か「いいえ」で答えていけば、自分自身の深層意識の洞察力も助けてくれ、結果的には自己の責任を果たしながら人生を選択し、かつ成功する確率があがっていくそうです。

関連するタグ

必要なもの

碁石 参考にこの本を読んで! 「アルケミスト 夢を旅した少年 パウロ コエーリョ (著)」

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ