ブーツをコンパクトに収納する片付け方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

その日に履いた靴は、中の湿気をとってから収納したいもの。
特にブーツは臭気がこもりやすいので要注意です。
脱臭剤を使ったケアのことも考えれば、ブーツは収納するよりも行儀よく片付けましょう。

STEP1玄関にブーツの指定席を


オンシーズンで出番の多いブーツ。
履いているときには格好良いのに、脱いだ後に玄関でくたばっている様子は何ともだらしない印象になります。
だからといって、箱に入れて収納するとなると、毎度のこととなれば面倒です。
せめて倒れないようにと、ペットボトルを差し込んでみたり、ブーツホルダーを買ってきてみたり・・・とすでに工夫している人もいることでしょう。

STEP2玄関には、脱いだ靴を置きっぱなしにしないのが原則。

そうと分かっていても、横に寝かせないとしまえないとなれば、それもまた億劫。
というわけで、やはりブーツは玄関に出したままにするしかありません。
つま先を揃えてきちんと並べておけば、見た目には行儀よく整います。

STEP3

そして玄関ドアの脇で、目立たないようにブーツを立たせておくなら、ブーツスタンドがお薦めです。
ブーツを上下互い違いに立てておけば省スペース。
近頃はレインブーツでもヒールつきのお洒落なスタイルがあります。
冬場だけではなく梅雨時にも、このブーツスタンドが活躍するかもしれません。
そうなれば、玄関にはロングブーツの指定席を考えてあげたほうがよいでしょう。

STEP4吊り下げもOK

突っ張り棒で空中を使いこなしましょう。
最近の住宅は、玄関収納が充実してきています。
トールサイズの収納があって、折りたたんだバギーやゴルフバッグがしまえる下駄箱があったり、なかにはコート掛けのついたものもあります。
収納棚にはポケットがついていて、そこに小さなティッシュや小物がしまえるものもあって便利です。

STEP5

そこまで収納が充実していなくても、長傘がしまえる収納があるのをよく見かけます。
収納内にフックがついていて、そこに折り畳み傘も収納できるというタイプです。
そういった収納なら、ブーツを立てたまま収納できるので出し入れも簡単です。
さらに、突っ張り棒をセットしておけば、大人のショートブーツや子どもの長靴を吊り下げることもできます。
大きい洗濯バサミで吊るすだけの簡単収納です。
ブーツホルダーのなかには、棒に引っ掛けられるようなフックのついた商品もありますよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ