子どもに野菜を切ってもらおう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:208
  • ありがとう数:0

はじめに

どんな子でも、幼児期には必ず「お料理したい!」と包丁を使いたがるものです。やってみたがっているときこそ、やらせてみるチャンスですよ。挑戦してできる達成感を味わわせることができますよ。

STEP1

料理は遊びではありません。包丁で切るだけ切って、「もういい」と途中でやめられてしまっては困ります。親が、小さな一区切りを具体的に指示することがポイントです。たとえば、「にんじんを切って、このボウルに入れてね」という具合です。

STEP2

包丁は、きちんと使えば危なくありません。刃物の危険さももちろん教えて、きちんとした使い方も教えてあげましょう。左手は指を丸めて猫の手にして材料を押さえるといいです。

STEP3

包丁のほかにも、ピーラーも使ってもらいましょう。転がらないように半分に切った野菜をまな板にのせ、左手で押さえながらピーラーを使うと危なくありません。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ