【健康】痛風について

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

痛風という症状をご存知でしょうか?
痛風とは現代病の一つとされ、ほんの少し刺激で患部に激痛が走るとされています。

その痛風について、なぜ痛風になるのか、その原因は?
について調べていこうと思います。

STEP1・痛風の始まり

痛風はある日突然、痛みとともに発覚します。
多くは朝起きる際などに痛みを覚えます。
その痛む部位の多くは足の親指、片方が膨れ上がり痛みを感じます。
痛風はある期間、約1週間ほどで腫れも痛みも治まり治ったのかだと勘違いをし放置してしまう方もいらっしゃいますが、痛風は自然治癒することはほとんどないのできちんと病院へ行き検査を受けてもらう必要があります。

STEP2・痛風の原因とは?

痛風は血液中の尿酸値が高いことが原因で起こります。
この尿酸値が高いと血液内で結晶化し血管内で詰まってしまうのです。
この尿酸値というのは体の老廃物であり、本来は腎臓などに運ばれ尿として排出されたり、汗とともに外にでたりするのですが、現在の日本人は汗をあまり掻かなくなったり、食生活が乱れたりしているので老廃物がどんどんと体に溜まってきてしまっています。

更に飲酒をする人は痛風の可能性が大幅に上がります。
アルコールには痛風の原因となる尿酸を作り、利尿作用により十分に老廃物をろ過できず、脱水症状により尿酸値がとたんに高くなります。

痛風になり飲酒をすると、痛風の箇所に激痛が走ることもあります。

STEP3・なぜこの尿酸値が高くなってしまうのか?

この尿酸値というのは体の新陳代謝によって生まれた老廃物で、その老廃物は血液に溶け、腎臓などに運ばれ排出されます。
ですが現代、飽食や運動のしなさすぎによる健康不良などによりその症例はだんだんと増えていきます。

痛風というのは尿酸値が高い状態、高尿酸血症と呼ばれる状態の初期症状です。
ほうっておけばさらに結晶化が進み、尿結石、腎臓障害、多くの合併症の可能性が出てきます。

まとめ

最近では痛みの少ない痛風の症例があります。
足の親指が腫れているがそこまで痛くない、だからといって放置してはいけません。
痛風は自然に治すことが難しいのできちんと病院の先生に相談し、食生活や治す手段などを聞き、痛風を治してもらいましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ