【美肌】角栓パックをする時のポイント!【失敗しない】

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

女性の方なら小鼻の黒ずみなどは非常に気になります。その黒ずみを取る為に定期的に角栓パックをされている方も多いですよね?!
しかし、角栓パックは毛穴から強引に黒ずみを引っ張りだすので間違った使用方法だと逆に毛穴を広げてしまい、黒ずみが余計目立つようになってしまいます。
そこで今回はそんな失敗をしない為に角栓パックをする時のポイントをご紹介します。

STEP1

1、ビオレのものを買いましょう。ビオレは肌への負担を考慮してか、吸着力が非常に弱いです。
しかし他社のものは吸着力が非常に強く、逆に言えば吸着力が強い分、肌への負担も大きいと言えます。
ビオレ以外のものを利用する場合でも吸着力が弱いものを選びましょう。
吸着力が強い分角栓がよく取れる気がしますが逆効果です。

STEP2

2、風呂上りの角栓パックはやめましょう。汗が出てきたり、皮膚が柔らかくなっているので肌へのダメージがより大きくなります。
やるなら風呂に入る前にしましょう。

STEP33、オロナイン軟膏をつけると角栓がよくとれます。

まず、オロナイン軟膏を鼻につけ擦りこむように揉みます。
そのまま10分くらいおいた後、ぬるま湯でよく洗い流し、すかさずパックをはります。その時には空気が入らないようにしてください。
剥がすときもゆっくり剥がしましょう。一気に剥がすと肌を傷つけてしまいます

STEP4

4、一気に毛穴を広げてしまうので、パックした後はよく洗顔したうえ保湿が必要です。毛穴を一気に広げればそこに新たに油がたまり、また角栓が出来てしまいます。
新しい角栓が出来る前に化粧水や乳液で蓋をしましょう。

まとめ

上記の方法を使ってもあまりやりすぎると肌に必要な皮脂まで剥がしてしまうので、多くても1週間に1度ぐらいまでにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ