ゴスロリとロリータの違い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:610
  • ありがとう数:0

はじめに

ゴスロリやロリータのファッションをされている方をたまに街で見かけることもあると思います。一般的なイメージではどちらも同じようなファッションに見えますが、実は決定的な違いがあります。
そこで今回はゴスロリとロリータの違いをご紹介します。

STEP1【ゴスロリについて】

ゴスロリは、主に黒色を基調としています。
しかしただ単に黒いだけではいけません。(赤色や白色でもゴスロリさんはいます)

排他的なイメージが必要なのです。
十字架、蝶、髑髏、血など「死」をイメージするものが入ってきます。
しかし、あまりにそれが顕著だと(顔に傷を模したメイクなど)グロロリになります。(グロテスクロリータの略です)

STEP2【ロリータについて】

それに対して、ロリータはただひたすら、可愛らしいを追い求めるファッションです。
フリル、レース、お人形などがよく使われます。

例え黒色の洋服でも、ゴシックな要素がなければロリータ(甘ロリ)に分類されます。

STEP3ちなみにロリータの中にも色々な種類があります。

・ゴシックロリータ
・甘ロリータ
(更に黒ロリ、桃ロリ(ピンクロリ)、赤ロリ、サックスロリなどと細かく別れています。)
・クラシカルロリータ
(ブランドでいえばヴィクトリアンメイデンや、マグダレンなどが分類されます。細身でクラシカルなイメージです。)
・姫ロリータ
(中世フランスのドレスをイメージするような、前開きだったり後ろ開きだったりする洋服が多いです。柄は花柄です。)

などと細かく分岐されています。

まとめ

女性のファッションだけあり、細かい部分で分岐されているので非常に奥が深いです。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ