新築と中古住宅、魅力の違い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:898
  • ありがとう数:0

はじめに

新築と中古住宅の魅力を比較してみます。

STEP1[新築住宅は]

新築住宅の魅力は、何といっても、他の人が住んでいないといった利点があります。
洋服でも、古着は好きではないといった人がいるように、住宅は新しくないとと思っている人がいます。

新築住宅を選んだ理由には、第一位に「新築にこだわった」といった意見がありました。
また、中古住宅だと隠れた不具合や、リフォーム費用が気になるといった意見もありました。

新築住宅でも、家ができてから売る分譲住宅と、最初から自分たちで計画して壁紙や床までこだわる注文住宅があります。
新築を購入する人は、ある程度お金の余裕があって、こだわりたい、と思う人が多いようです。

STEP2[対して…]

対して、中古住宅にした人の理由としての第一位は、予算が手ごろだったことでした。
また、新築にこだわっていない、リフォームをする予定だった人も多くいました。

中古住宅を購入した人は、その3割がリフォームを計画しています。
新築を購入する価格と同額を出すならリフォームをして少しでも広い区画を、と考えているようです。

STEP3[中古住宅でも、ローン減税]

中古住宅でも、現在のローン減税は受けられます。

木造…築20年以内
耐火建築物…築25年以内

この条件であれば、ローン減税は受けることができます。

また、忘れがちなことですが、耐震性を考えると、欲しい中古住宅を購入する際に住宅診断を依頼した方がいいような機がします。

STEP4[どちらにも利点が]

新築住宅、中古住宅、どちらにも利点があります。
資金的に無理をせず購入できるのを選択するのがいいかと思います。

お家の購入も、ある意味お買い物。
大切なのは、納得いくお買い物をすることなのではないでしょうか。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ