日記を飽きずに続けるには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:541
  • ありがとう数:0

はじめに

1月に新品の日記帳をおろして、日々のあれこれを書きつづっている人も、2月も終わりに近づき、そろそろ書き続けるのが苦痛になってきているのではないでしょうか?

そこで今回は、日記を続ける方法を考えてみましょう。

STEP1

〈たまには間をあける〉
毎日書くと決めて頑張っていても、どうしても書けない日だってあります。それを境に、プツッと糸が切れたようにやる気がなくなり、そのまま終了、という人が多いのではないでしょうか。
毎日書くと決めると、それがかえってプレッシャーになり、楽しくなくなるもの。気楽にやることことそ、長続きのコツです。

STEP2

〈「これだけは書く」というものを決めておく〉
書くことがなくなるのも、続かない原因のひとつ。そこで、いつでも書けるような「定型題材」を用意しておくのが良いでしょう。
その日に食べたものや、買ったもの、一日のタイムスケジュールなど、簡単なことで良いので、毎回「これだけは書こう」というネタをつくりましょう。

STEP3

〈持ち歩く〉
家事に追われて家では書く時間がない、という人は、持ち歩いてみてはいかがでしょう?
電車などの移動時間や、仕事の合間など、ぼーっと過ごしている時間はけっこうあるはず。その時間を少しだけ日記に割けば、毎日書き続けるのは意外と簡単です。
誰かに見られるのが恥ずかしいという人は、ケータイのメモ機能などに記録して、帰ってから書き写すのも手かもしれません。

まとめ

慣れてくれば、お風呂に入ることや、寝る前に目覚まし時計をセットするのと同じように、日常生活の一部になるはず。頑張ってください!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ