ロシアン・マフィアの暗躍をリアルに描いた「イースタン・プロミス」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1106
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
ロシアン・マフィアの暗躍をリアルに描いた「イースタン・プロミス」

ロンドンの裏社会に存在するロシアン・マフィアの
恐ろしい犯罪組織の行動を描いた映画、
「イースタン・プロミス」を見てみませんか?

実際のマフィア社会をリサーチし、かなりリアルな
姿が描かれているというこの映画のタイトルは、人身売買を意味しています。

STEP1

ロンドンで、助産婦アンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に妊娠した少女が運び込まれ、出産後に息絶えます。アンナは身元を知るために、彼女の日記を読みました。日記はロシア語で書かれ、あるロシアン・レストランのカードが挟まっていました。

ロシア語が読めないアンナは、カードを頼りに店へ行ってみます。オーナーのセミオン(アーミン・ミューラー・スタール)は少女のことは知らず、日記を翻訳しようと申し出ます。そのとき、店の前でアンナはニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)と出会ったのです。

STEP2

アンナはセミオンに日記のコピーを渡しに行き、再びニコライと出会います。彼は、ロシアン・マフィア「法の泥棒(ヴォリ・ヴ・ザコネ)」の後継者キリル(ヴァンサン・カッセル)の運転手でした。バイクが故障したアンナを、ニコライは車で送っていきます。

恋人の子供を流産した過去があるアンナは、母親ヘレン(シニード・キューザック)と同居し、その家にはロシア人で自称・元KGBの伯父ステパン(イェジー・スコリモフスキー)が
出入りしていました。ステパンは日記を読み、少女が14歳の娼婦でレイプの末妊娠した事実を知り、アンナに深入りするなと忠告します。

STEP3

セミオンが病院を訪れ、キリルの残忍な行為が記された日記を返せば少女の住所を教えると申し出ました。実はセミオンはキリルの父親で、「法の泥棒」のボスだったのです。

取引の場にニコライが現れ、アンナは伯父や母親と共にレストランで日記を返しましたが、少女の住所は不明なままでした。少女に乱暴を加えたのはセミオンだったため、彼はステパンの殺害をニコライに命じ、ステパンはアンナたちの前から消えてしまいます。

一方、キリルはチェチェン人マフィアを殺害し、セミオンに責められていました。

STEP4

セミオンは、切れ者のニコライを正式な一員に迎えます。ニコライは会談に出掛けた大衆浴場で、彼をキリルと間違えたチェチェン人マフィアに襲撃されます。それは、息子を思うセミオンの罠でした。

負傷したニコライは、アンナの病院に運ばれ、ニコライは彼女に、伯父が保護されていることを教え安心させるのでした。そのとき、警察がニコライとの面会を求めてきました…。

まとめ

監督は、デイヴィッド・クローネンバーグ。
2007年制作のイギリス・カナダ合作映画です。

必要なもの

イースタン・プロミス

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ