タイプ別、子供との関わり方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1005
  • ありがとう数:0

はじめに

子供への関わり方は、通り一遍のモノでなく、タイプ別にその子の性格に合わせた関わり方が大切です。

STEP11 コントローラータイプ

自分で判断したがる、自分から進んで争いの渦中に入っていく、自分を棚に上げて人を責めるコトがある。

そんな特徴の子供は、「自分で決めたい」「やりたい」タイプ。まずは、任せてしまいましょう。「頼りにされている」と感じることで、やる気が高まります。

STEP22 サポータータイプ

人を助けることが好き、何かを決めるのに時間がかかる、争いごとは避ける。

そんな子供は判断や行動を丸投げで任されるのが苦手です。何かを頼みたい時は、話し合って、親子の関わりを楽しむようにしましょう。相手の喜ぶ顔が嬉しいので、「助かったよ」と気持ちを素直に伝えてあげましょう。

STEP33 プロモータータイプ

アイディアが豊富で創造的、新しいことを始めるのが好きだが、飽きっぽい。とにかく良く話し、人の話をあまり聞かない。

これは、本人の「アイディア」を大切にしましょう。褒められれば褒められただけ調子に乗るタイプなので、「すごい」「なるほど」と持ち上げながら、引き出していきましょう。

STEP44 アナライザータイプ

情報を沢山集めて物事に取り組む、計画を立てるのが好き。失敗や間違いを恐れる。

このタイプはこだわり派です。計画や方法はまかせて、じっくりと考えを聞き出しましょう。こだわりを尊重し、細かいこだわりを認めて声かけするといいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ