ごく普通の小学生が社交ダンスの授業でイキイキ「ステップ!ステップ!ステップ!」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
ごく普通の小学生が社交ダンスの授業でイキイキ「ステップ!ステップ!ステップ!」

社交ダンスのプログラムを受講する、ニューヨーク
の小学生たちを追ったドキュメンタリー映画、
「ステップ!ステップ!ステップ!」を
見てみませんか?

STEP1

ニューヨークの公立小学校に、情操教育の一環として社交ダンスのプログラムが導入されたのは、今から約10年前の1994年のことでした。わずか2校から始まったプログラムも、現在では60以上の学校で6000人の生徒たちに10週間のコースが義務づけられるようになりました。

コース終了後には、ニューヨーク市でコンテストが行われます。ダンス指導員のかけ声とともに入場して来たのは、それまでテレビやゲームに夢中だった子供たちです。メレンゲ、ルンバ、タンゴ、フォックストロット、スウィングなど、初めての社交ダンスに戸惑い、照れていた子供たちも、次第にコンテスト優勝という目標に向かってダンスにのめりこんでいきます。

STEP2

ワシントンハイツ第115校の生徒はドミニカ移民が多く、97パーセントが貧困家庭という状況で、家庭に問題を抱える子供が多いという状況です。熱血教師・ヨマイラ先生のダンスと教育にかける気持ちと反して、やめていく子も少なくありません。しかし、昨年の大会で惜しくも優勝トロフィーを逃した生徒たちが、今年は新たなメンバーで念願の優勝を目指すのです。

ブルックリン、ベンソンハースト第112校のビクトリア先生は、子供たちがダンスに親しみを持てるように、笑いをとりながら教えています。宗教の規律で踊れない子がDJをやったり、イタリア系移民やアジア系の子供たちが、みんな一緒のクラスでダンスを学んでいます。異性のことや髪型にも興味津々で、時には大人顔負けな発言も飛び出します。

STEP3

トライベッカ第150校では、若いアリソン先生が生徒を愛するがゆえに、大会に出場する代表メンバーを選びたくないと悩みます。緊張したり興奮する子もいれば、ダンスを嫌がりやめる子も出てくるのです。子供たちは日々の練習と先生との対話の中で、勝ち負けだけでなく、未来の紳士と淑女としての自分を発見していきます。代表メンバーになった子供はパートナーと共に、選ばれなかった子供たちは応援メンバーとして、たった一つの優勝を目指します。そしてついに、決勝戦の幕が開くのでした…。

まとめ

監督は、マリリン・アグレロ。
2005年制作のアメリカ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ステップ!ステップ!ステップ!

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ