子どもにアイロンの練習をさせるとき

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもにアイロンがけのお手伝いをさせてみませんか。正しい使い道さえ覚えれば、幼稚園の年長さんでもできるそうですよ。

STEP1

アイロンがけは、やけどするから危険だと、させないことが多いでしょうが、使い方を誤ればやけどや怪我の心配があるからこそ、親がそばについていられる年齢のうちに、経験を積んだ方がいいという考え方もあります。

STEP2

子どものそばで見守って、うっかり指などがアイロンに触れたときに、親として的確な対処を教えてあげましょう。やけどや怪我は決して失敗ではありません。誰にでも起きうることです。そのときにすばやく対処できればいいんだということを伝えましょう。

STEP3

まずはぬるめの温度でハンカチにアイロンをかけてもらいましょう。慣れたら袋やエプロンなどに挑戦させるといいですよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ