信号は緑なのに、青と言うのは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:463
  • ありがとう数:0

はじめに

信号は本当は緑に見えるのに、どうして青なの?
昨日のテレビが教えてくれたこと!

STEP1昨日の『鶴瓶の超ゆる~い会議』で教えてもらいました。

皆で議論して、本当の答えを探してました。

STEP2日本では大昔から、緑色のものを青と表現することがあり、

現在でも緑色の野菜や植物を「青々とした」「青葉」「青物」などと表現するといわれると
確かにって思う。
日本にはもともと赤・青・白・黒の4色しか存在しないと思っていたらしいから。
この4色のうち、緑は青に最も近かったため、
緑と青が混合して表現されるようになったらしい。

STEP3

信号も同じで、緑信号と呼ばれる一方で、青信号と呼ぶ人も多かった。
1947年、国は法令として「青信号」という呼称を一般的なものと位置づけた。
最近は信号機のLED化が進んでいる。

ちょっとプチ情報
青りんごならgreen apple、青竹ならgreen bamboo
青なのに、グリーンって入るね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ