毛細血管血糖とは何ですか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:294
  • ありがとう数:0

はじめに

血糖値は採血したままの血液、血清または血漿で測定できます。糖尿病の方は血糖値を監視する必要があり、血糖値の変動を追うのに毛細血管で検査を行う方法もあります。

STEP1定義

毛細血管血糖検査では特殊な注射針を使用して指先から採血し、血糖測定器という検査器具に血液を滴下します。

STEP2解決策

ほとんどの糖尿病の方が自宅でランセット(自動穿刺針)を使って採血し、試験紙と血糖測定器で血糖値を測定しています。

STEP3検査方法

採血する辺りをアルコール綿で拭いてきれいにします。ランセットを指に当ててボタンを押します。試験紙に血液を一滴落とし、血糖測定器に入れると、測定値がディスプレイに表示されます。

STEP4利点

自分の血糖値を知っていれば糖尿病の管理に役立ちます。また、主治医も患者さんの血糖値のコントロールに関する重要な情報を得ることができます。

STEP5考察

血糖値は通常、食事前は70~130mg/dlで、食後は180mg/dl未満になります。

STEP6結果の確認

検査値が低いと低血糖症の兆候かもしれません。一方、検査値が高いのは高血糖症の兆候かもしれません。

まとめ

注)正常値で表現するとすれば「食事前:70~100mg/dl、食後:140mg/dl未満」となります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ