子どもに自信を持たせる関わり方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:441
  • ありがとう数:0

はじめに

愛情をた~くさん吸収して、自信をもった人間に成長してほしいものです。

STEP1★ 「ダメよ」ではなく提案する

子どもは好奇心いっぱいで、マナー違反なことでも、時間が迫っている時でも
やりたいことがたくさんです。

ついつい「ダメよ」を連発してしまいがちですが、
否定ばかりしていると、自分はダメな子なんだ・・・となってしまいます。

「ダメ」の代わりに「◯◯だから、□□しよう!!」と理由と別の案を提示してみせましょう。
子どもは、なぜそれがダメなのか、代わりにどうすればいいか分からないだけなのです。

STEP2★ 行為に注目する

叱る時も、褒める時も、人間性でなく行為に注目して
その行為を注意するようにしましょう。

叱る時に、「そんなことするなんてダメな子ね。そんな子は嫌いよ。」のように
人間性を否定してしまうと自信をもてなくなる原因になります。

その子自身の存在を否定せずに、その行為自体を叱るようにしましょう。

STEP3★ 認める

親としては、つい子どもに期待して、できたこと、できることを褒めようとしますが、
子どもにとってはそれがプレッシャーになってしまうこともあります。

もちろん、できることは素晴らしいことで認められるべきことですが、
今のありのままの子ども自身を認めることが重要ポイントです♪

思い返せば、生まれた時は健康で生まれて来てくれただけで、すばらしい存在なのですから♪
初心を思い出すのもいいかもです^ー^

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ