戦から生まれた言葉

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:297
  • ありがとう数:0

はじめに

普段使ってる言葉には戦から生まれたものが多くあります。

STEP1「かけひき」

商売や取引をするとき、自分に有利になるようにことを運ぶことをいいますが、昔、戦場で進むことを「懸(か)く」、退くことを「引く」と言ったことからきています。

STEP2「しのぎをけずる」

激しく争う意ですが、「しのぎ」とは刀の刃と背の中間に盛りあがってる小高い所のこと。
刀と刀をまじえて、激しく切りむすぶと、そこが強くすれることからきています。

STEP3「そりが合わない」

気持ちや心が合わないことを言いますが、「そり」は、刀のみねが反っている様子です。刀の反りが刀のさやに合わず、さやに収まらないことからきています。

STEP4「たてをつく」

反抗するの意ですが、戦の時「盾」を地面につきたてて、矢をふせいだことからきています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ