三輪車のこぎ方の教え方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:12976
  • ありがとう数:0

はじめに

意外と難しい三輪車のこぎ方を教えるコツ。

STEP1

三輪車って乗るだけは早くからできても、子ども自身の足でこいで進めるようになるのは、意外と難しいようです。
しかも、親も自分が乗ってたころの記憶なんてほぼ忘れてるので、教えるのも難しいのですよね。
でも、教える場所に注意したらすんなり乗れるようになります。

STEP2

まず、子どもにはペダルに足を置かせて、これでこいで進むということを説明します。
最近は親が簡単に押せる押し棒つきのものが多いので、ペダルに足を置かせたまま押してあげて感覚をつかませましょう。
乗ってる他の子の姿を見せて、イメージトレーニングもいいですね。

STEP3重要なのは教える場所です。

三輪車は自転車より脚力が必要なので、なるべく凹凸の少ない(タイヤへの抵抗の少ない)ところで、少しだけ傾斜がついている場所を選びます。
あとは傾斜の上の方からちょっと押したら手を離すだけ。
何回か繰り返すうちに自然とコツをつかんで乗れるようになりますよ。
ただし、傾斜はほんとに少しだけのなだらかなもので、勢いがついたり、車道に飛び出してしまうような危険な場所は避けてください。

まとめ

1歳くらいから乗れる三輪車もありますが、教えるのは意志の疎通がスムーズになる2歳以降くらいがよいと思います。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ