乳歯は虫歯になっても大丈夫?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:492
  • ありがとう数:0

はじめに

乳歯はいずれ抜けて永久歯が生えてきます。
ってことは、乳歯は虫歯になっても平気・・?

STEP1乳歯はいずれ抜けるし、永久歯になってから

虫歯について考えたらいいや、って思っていませんか?
実は乳歯が虫歯だと、その後、歯や口に悪影響を及ぼします。

STEP2乳歯が虫歯になると、十分に噛むことができなくなります。

また他の乳歯にも虫歯菌が移りやすくなります。
その結果、あごの発育に影響を与えてしまうこともあり、
最終的に永久歯の歯並びが悪くなることも考えられます。

STEP3さらに虫歯をひきおこす虫歯菌についてです。

実は虫歯菌は感染でうつります。

つまり、虫歯菌を持っている親が口移しで物を与えたり、
同じスプーンなどで食べさせたりしていると、
そのまま虫歯菌もうつると考えられています。
離乳食を与える都合で、どうしても物をかみ砕いたり・・と
言った必要がある場合、大人も虫歯をきちんと治療し、
感染源にならないよう注意しましょう。

STEP4歯磨きはいつから始めたらいいのでしょう?

結論から言うと、1本でも生えたら始めたほうがいいといわれます。
実際にはまだ使えていませんが、口の中に何かが入るという
感覚に慣れさせていたほうが、後で歯磨きが楽になります。

最初はまず清潔なめんぼうなどをぬらし、乳歯の周りを
そっと拭いていきます。
その後歯の生え具合を見て、成長に応じた歯ブラシを使いましょう。
また、フッ素塗布も定期的に行うようにしましょう。

まとめ

乳歯の存在はたった数年ですが、実はとても大切なものです。
たかが虫歯と思わず、きちんと虫歯にならないよう大切にしましょう。

必要なもの

成長に応じていろいろ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ