気をつけよう!冬でも食中毒

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:462
  • ありがとう数:0

はじめに

先日大規模な食中毒が起きたというニュースが
ありましたね。寒い冬でも実は危険なのです。

STEP1先日給食が原因とみられる大規模な食中毒が

起きたというニュースがありました。
梅雨の時期だけでなく、寒い季節でも食中毒は
起きるのです。
家庭でできる食中毒予防についてのポイントです。

STEP2食品の購入、保存について

生鮮食品(肉、魚、野菜など)は新鮮なものを選びましょう。
購入後暖房のきいた車の中などに放置しておくと、食品が
次第に痛んできます。
保冷剤など利用して、なるべく速やかに冷蔵庫、冷凍庫に
保存しましょう。冷蔵庫の温度は適切になるよう、
詰め込みすぎなどは避け、また、食品から汁などが出ないよう
清潔に保っておきましょう。
消費期限のあるものに関してはいつまでなのか確認しておきましょう。

STEP3調理器具の準備について

食品は安全に気をつけても調理器具に気をつけておかないと、
器具を介し食中毒になることもあります。
包丁やまな板などは、生肉、生魚を調理した後はその都度
きちんと汚れを落としておきます。できるならば、まな板と
包丁は、肉、魚用とその他野菜や果物用といったふうに使い分け
しておくと安心です。
また、スポンジ、ふきんなども気をつける必要があります。
まめに清潔にしておき、定期的に消毒しておくと安心です。

STEP4調理について

きちんと食品に火を通すことで食中毒の危険性はかなり低下します。
中まで火を通すほうが安心です。
刺身など生ものの場合、食卓に出すまで、できるだけ冷蔵庫に保管しておきます。

STEP5その他

食品、調理器具、調理以外にまだ気をつけるものがあります。
それは・・・、調理者の手や服装が清潔かどうかかということです。
調理前はきちんと手を洗い、生肉や生魚などを触った場合、
調理後にもきちんと手洗い消毒をしておくと安心です。

まとめ

自分は大丈夫、と思うことが一番の油断です。
きちんと気をつけることで食中毒のリスクが低下します。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

調理によりそれぞれ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ