自家製血糊(ちのり)の作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5220
  • ありがとう数:0

はじめに

演劇や映画などで使われる血糊ってどのようにして作るのでしょうか。

プロ用のものは高価で手軽とはいえません。

そこで今回は、ご家庭で作れる血糊のつくり方をご紹介します。

STEP1

鍋で上白糖1kgを700ccぐらいの水に溶かし、沸騰させないようにガスにかけてとろみが出る程度に煮詰めます。

熱いうちは少しとろみがある程度で充分。さめるととろみが強くなります。

食紅は赤色を2個ぐらい使います。この状態でいわゆる「動脈血=鮮血」です。

STEP2

また、緑色か青色を半個分ぐらい追加しますと「暗みがかった血の色=静脈血」になります。

なお、粉末の食紅はあらかじめ少量の水で溶いておいてから混ぜるようにします。

これで1リットルぐらいの血糊が出来ますので、冷ましてからペットボトルなどにいれて保存しましょう。

STEP3

この血糊、安いこともありますが、口の中に入れても大丈夫という強みがあります。

慣れてくれば色味も粘度も演出にあった形に調整したものが作れます。

ただし、食紅を使用していますので実際に使う場合、衣服につくと染み抜きが必要になります。

使用後は、衣服やその他ついた場所をしっかり洗うようにしましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ