国民年金の支払い

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:566
  • ありがとう数:0

はじめに

国民年金の加入者には大きく分けて
 A)第一号被保険者
    自営業者や学生、フリーターなど
 B)第二号被保険者
    会社員や公務員など
 C)第三号被保険者
    第二号被保険者に扶養されている配偶者
の3種類があります。
Bの場合は事業主等が手続きし、給料から天引き
Cの場合は健康保険の扶養者届けと一緒に手続きを行えば、
年金の支払いは発生しません。

ではAの場合
 ・支払い額はいくらか?
 ・納付期限はいつなのか?
についてご紹介したいと思います。

STEP1☆国民年金の支払額は?

H22年度は月額15100円です。
 ※H21年度は月額14660円だったので、年々上がるってことですね

口座振込で支払うと、割引されるケースがありますので
続けてご紹介します。

・早割   :毎月50円の割引
・6ヶ月前納 :6ヶ月で1030円の割引
・1年前納  :1年で3800円の値引

割引を行うためには、金融機関または年金事務所へ
 ・年金手帳
 ・基礎年金番号がわかるもの(納付書等)
 ・口座の番号がわかるもの
 ・口座の届け印
を持参し、手続きを行う必要があります。

STEP2☆国民年金の納付期限は?

国民年金の支払いは月末に第何号の被保険者に該当するかで
決まります。
月末にA)第一号被保険者に該当する場合は
その月の年金を支払う必要があります。
納付期限は翌月末です。

また、2年以内であれば遡って納付することができます。

年金の受給資格は、20~60歳までの40年の間に
「25年以上の加入期間があるか」
ですので、加入期間の年数に注意しながら追納する/しないを
ご検討ください。
※受給資格はクリアしていても、40年支払った人とそうでない人では
 受給額がかわってきます
※まとめて追納した場合は忘れずに確定申告しましょう!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ