乾燥対策のスキンケア

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お肌の乾燥に悩む人のための簡単スキンケアガイドです。

STEP1[クレンジングは滑らすように]

たっぷりのクレンジングを滑らすように肌にのばします。
こすりすぎると、ファンデーションや汚れが毛穴の奥に押し込まれてしまうので、優しく滑らせるのがポイントです。

STEP2[こすらず洗顔]

洗顔フォームをたっぷり泡立てて、泡のクッションを転がすようにして顔を洗います(市販の泡立てネットを使うと簡単です)。
すすぎはすばやく丁寧に。熱いお湯で洗うと乾燥するので、ぬるま湯ですすぎましょう。最後に冷水で仕上げると毛穴が引き締まります。
すすいだら、タオルでそっと押さえるように水分をふきとります。

STEP3[化粧水で水分補給]

洗顔後、時間をおかずに化粧水をつけます。時間が経てば経つほど水分が蒸発してしまい、化粧水の浸透が悪くなるので、すぐに行なうようにしましょう。
まずは、1回に使う化粧水の3分の1から半分の量を手のひらに取り、2~3回に分けて化粧水を肌になじませていきます。手のひらで、ほほ、おでこ、あご、顔の中央を押さえるようにしながら化粧水を浸透させていきます。

STEP4[乳液やクリームで潤いを閉じ込める]

乳液やクリームは潤いを閉じ込める働きをします。化粧水の後、少量ずつを顔全体になじませ、手のひらで押さえていきます。

まとめ

・決してこすらない。
・化粧水や乳液は少量ずつ、数回に分けて使う。少し時間を置きながら、繰り返しつける。
☆これは浸透水路を作るためです。カラカラに乾いた植木鉢を想像してください。ここに大量の水を一度に入れるよりも、少しずつの水を数回に分けて入れた方が早く浸透します。これと同じ理由です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

・クレンジング ・洗顔フォーム ・泡立てネット(あれば) ・化粧水 ・乳液またはクリーム

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ