誤解が誤解を生んでゆく四角関係「リトル・イタリーの恋」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:558
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
誤解が誤解を生んでゆく四角関係「リトル・イタリーの恋」

戦後のオーストラリアを舞台に、イタリア人街の
青年が見合い用に弟の写真を送ったことから始まる
恋の四角関係を綴った物語、
「リトル・イタリーの恋」を見てみませんか?

STEP1

1950年代。オーストラリアのイタリア人街「リトル・イタリー」に住む青年アンジェロ(ジョヴァンニ・リビシ)は、過去のプロポーズにことごとく失敗してきました。

現地にはイタリア人女性が少なく、写真と手紙でお互いを知り合い結ばれるのが一般的なお見合い方法でした。このためアンジェロは、原因が自分の容姿にあると思い込んでいました。世話好きなカルメリーナ婦人からロゼッタの写真を渡された瞬間に彼女に魅せられながらも、きっとまた断られるに違いないと消極的になっていたのです。

STEP2

兄と異なり、何事にも楽天的な弟ジーノ(アダム・ガルシア)の熱心なすすめで、ついに真心を込めてロゼッタに「花嫁になってほしい」と手紙を書いたアンジェロは、写真を同封する段階でふと魔がさし、ジーノの写真を入れてしまいます。

アンジェロから手紙を受け取った南イタリアのロゼッタ(アメリア・ワーナー)は、たちま
ち、写真の青年に恋してしまいました。そして、ロゼッタからの結婚承諾の知らせを受けたアンジェロは、焦ります。

STEP3

リトル・イタリーに着いたロゼッタは、結婚を誓った相手が写真のアンジェロではないことを知り、大きなショックを受けます。彼女はとりあえずドニーニ家に身を寄せましたが、この先どうしたらいいのかと途方に暮れました。

アンジェロとの結婚を宣誓してしまったものの、ジーノを知れば知るほど思いが募るばかりのロゼッタ。彼女に惹かれながらも、コニーというフィアンセがおり自分の気持ちに正直になれないジーノ。誠意を尽くすも、実らないアンジェロ。ジーノの気持ちがロゼッタに傾いているのではと不安にかられるコニー。四角関係は先の見えない展開となってゆくのでした…。

まとめ

監督は、ジャン・サルディ。
2004年制作のオーストラリア映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

リトル・イタリーの恋

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ