戦争さえなければ平和に暮せた少年兵「僕の村は戦場だった」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:420
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
戦争さえなければ平和に暮せた少年兵「僕の村は戦場だった」

ドイツ兵の侵攻で故郷の村も母親も失ったロシアの
少年が、斥候兵となって戦火に散る姿を描いた物語
「僕の村は戦場だった」を見てみませんか?

STEP1

イワン(コーリヤ・ブルリヤーエフ)が夢にまで見る美しい故郷の村は、いまや戦火に踏みにじられていました。母親は行方不明となり、国境警備隊員だった父親も戦死してしまいました。

一人とり残された十二歳のイワンは、危険を冒して敵陣に潜入し少年斥候として友軍に協力していました。しかしそれは、自分の肉親を奪ったナチ・ドイツ軍への憎悪からだったのです。

司令部のグリヤズノフ中佐、ホーリン大尉、古参兵のカタソーノフの三人が、イワンのいわば親代りでした。

STEP2

グリヤズノフ達は、イワンをこれ以上危険な仕事に就かせておくことはできないと考えていました。しかし、イワンはそれを聞くと、頑として幼年学校行きを拒否します。憎い敵を撃滅して戦いに勝たねばならないと、彼は訴えるのでした。

そこで、大人たちは止むなくイワンをガリツェフ(E・ジャリコフ)の隊におくことにしまし
た。折しも、ドイツ軍に対する総攻撃が準備されており、そのためには対岸の情勢を探ることが絶対不可欠でした。しかし出発の日、カタソーノフはざん壕から身をのり出し、敵弾に倒れてしまいます。

STEP3

執拗に彼の不在の理由を尋ねるイワンにはその死を固く秘して、ホーリン、ガリツェフの三人は小舟で闇の中を対岸へ進みます。

二人が少年と別れる時がくると、再会を約して少年は死の危険地帯の中に勇躍します。その小さな後姿が、イワンの最後でした。

やがて終戦を迎え、大きな犠牲を払ったソビエトは勝利しました。かつてのナチの司令部は見るかげもなく破壊され、中にはソビエト軍捕虜の処刑記録が残っていました。その記録を一枚一枚調べるガリツェフ。彼は、イワンの写真が貼りつけられた記録カードを発見するのでした。

まとめ

監督は、アンドレイ・タルコフスキー。
1962年制作のソ連映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

僕の村は戦場だった

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ